全国学校給食週間

 1月24日~30日まで「全国学校給食週間」でした。最終日の今日は、いつもみんなの健康やおいしさを考えた献立を考えてくださる栄養教諭の先生方が学校に来られました。そして、給食の時間に給食の歴史や献立のうつりかわりについて、クイズ形式で詳しく教えてくださいました。

 最初の給食の献立は、「おにぎり、焼き魚、お漬け物」だけだったそうです。でも、最初の給食も今の給食も、食べている子どもたちの笑顔は変わらないことも分かりました。

 130年の歴史を経て給食は、子どもの心身の成長と健康を支え、食習慣や知識、食事のマナー、感謝の心を育て、みんなを笑顔にしてくれているのですね。

NONALNUM-57Wm6aOf44Gu5aeL44G-44KK-E
★日本で最初に給食が出されたのは、明治22年 山形県の小学校で、貧しい家庭の子どもたちに昼食が無償で与えられたのが、始まりです。
NONALNUM-hLHohILnsonkubM-E
★戦後、アメリカからの支援で入ってきた、給食につけられた飲み物は何でしょう?①牛乳②豆乳③脱脂粉乳 答えは・・・?
NONALNUM-gajjgZfjgoQ-E
★給食は、栄養と文化を考えて、つくられているんだね。 今日もご馳走様でした。 (^o^)

— posted by 長谷小学校 at 05:37 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.1874 sec.
prev
2019.1
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31