不思議なマグカップ 〜 3、4年粘土教室 〜

講師をお招きして、粘土教室を行いました。自宅から持参したペットボトルや空き缶に、新聞紙を巻いて、その上から粘土を巻きつけ、“不思議なマグカップ〟を作りました。作る手順の細かい説明をしっかり聞いて、粘土制作に集中して取り組みました。特に、粘土と粘土をつける時は、鼻水ぐらいのドロドロのやわらかさで、なでるようにつける(このことをドベといいます。)そして、粘土を強くおさえて空気を抜いて粘土をなじませる。空気を抜いておかないと、焼いた時に、ヒビがはいったり、こわれたりすることを、防ぐためだということも学びました。約2時間、粘土を前に、どんな形にしようかと想像をしながら、みんなとても個性的で素敵なマグカップを完成させました。
7EF59560-6905-4A27-B3D5-9E68774337A8
カップに粘土を巻きつけて、底の粘土を切っています。
80920BB8-866D-4930-A638-AAC5A17EF8BC
講師に丁寧な実技指導うけながら、粘土制作頑張っています。
A427B134-DFB6-4DA2-855A-5FC2BADE3F58
持ち手をつけて、どんどん作品ができてきました。
B5E6D7DF-9195-431D-93C7-74CFFAE27282
個性的な作品が出来上がりました。世界に一つしかないステキな作品です。

— posted by 長谷小学校 at 03:46 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.1337 sec.
prev
2020.11
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30