知的障害疑似体験

障害者への理解を深めるために、ぴーす&ピースの4名を講師に迎え、5,6年生が学習しました。知的障害者の感覚の鈍さを疑似体験するために、軍手2枚はいて袋を開ける作業をしたり、ペットボトルを切ったものを覗いて、視野の狭さを体験したりしました。

また、ネックレスが気になって、それを触ろうとして、女性の胸元を触ったと勘違いされてトラブルになることもあると、障害者の特徴や接し方を具体例をあげて教えてくださいました。

児童たちは、障害者の大変な苦労を知り、自分たちにどんな手助けができるのか真剣に考え、少しでも行動に移していこうという気持ちを持ちました。

1
感覚の鈍さを体験
2
視野の狭さを体験

— posted by 長谷小学校 at 05:11 pm  

 

手話教室

神河町社会福祉協議会手話サークル「青空」の方々に来ていただき、手話について勉強しました。

低学年と高学年に分かれて手話を教えてもらいました。

名前を手話で伝える動きを教えてもらって自己紹介したり、基本的な単語の手話を覚えて質問に答えたりしました。

また、耳の不自由な方に質問させていただくこともできました。

少し動きが違うだけで意味が変わってしまうため、苦戦する場面も見られましたが、みんな一生懸命話を聞いて、実際に手を動かして覚えていました。

新たなコミュニケーション方法を身につけることができ、とても貴重な体験をさせていただきました:D

P1060923-2

P1060921-2

P1060905-2

— posted by 長谷小学校 at 03:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0131 sec.
prev
2017.2
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28