着衣水泳

今日の水泳は着衣水泳でした。

グリーンオアシスのコーチにお世話になって,服を着たまま水に落ちたときの命の守り方を教えていただきました。

命を守るために一番大切なことは,息をするために顔を水面から出すこと。体を冷やさないために着ている服は脱がないこと。

夏になると増える水辺の事故。事故が起こらないことが一番ですが,今日教えていただいたことを忘れずに過ごしたいですね。

1
服を着てシャワー。
2
服を着たままって,初めてだね。
3
いつもより足が上がらないよ~!
4
服が重たいですが,頑張っています。
5
水の中にいる人を引き上げています。引き上げている人は水の中に引っ張られそうな感覚になります。
6
服をバタバタして空気をためて,浮きを作ります。
7
ペットボトルなどが流れていれば,これにつかまってもいいでしょう。
8
「服を着ているときはクロールより体が水面からでない平泳ぎの方が,泳ぎやすいですよ。」と教えていただきました。
9
低学年も頑張って泳いでいます。
10
今日はありがとうございました。 これからもよろしくお願いします。

— posted by 長谷小学校 at 03:53 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0353 sec.
prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31