1,2年生 とびきり大切な歯を守ろう~第一大臼歯のみがきかた~

乳歯の前歯から、少しずつ永久歯へ生え替わりをむかえる1,2年生が「とびきり大切な歯」について勉強をしました。始めに歯ブラシの寿命を、次に動物の歯とヒトの歯の違いについて考えました。ぐらぐらしている歯が抜けた後は、永久歯が生えてきます。口の中を見てごらん。一番奥の歯。この歯は子どもの歯かな?大人の歯かな?「とびきり大切な歯」ってどれのこと?みんな鏡を持って大きな口を開けて観察しました。第一大臼歯は「歯の王様」と言われ、その特徴として「一番大きい」「一番力持ち」そして「一番むしばになりやすい」ことを学びました。赤い染め出し液を使って、歯ブラシを前から当てたり、ほっぺたの横から当てたりして磨き方を実習しました。むし歯にならないように、しっかり磨いていこうね。

NONALNUM-grXjg6Hjga7jga8-E
★歯の数や形、大きさ等の特徴からヒトではなく動物の歯だということがわかります。
DSC01309
★自分の口の中はどうなっているか確認しています。
NONALNUM-5b2T44Gm44KL-E
★染め出した左下の奥歯に歯ブラシの先を当ててみがいています。

— posted by 長谷小学校 at 03:33 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0120 sec.
prev
2020.7
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31