No.5                    H24.9.3

長谷小だより
 
実りの2学期に
        
                           学校長 荒柴 孝子
 オリンピックに感動し、高校球児に熱い声援を送った、まさに「あつい」夏休みも終わり、9月3日、2学期のスタートを切りました。32名の元気な子どもたちが揃い、長谷小学校に活気が戻ってきました。
 77日間の2学期、運動会に始まり、修学旅行、社会見学旅行、また町人権実践発表会、学習発表会、マラソン大会等々、大きな行事が目白押しです。「実りの秋」にふさわしく、行事や諸活動を通して、満足感・達成感を味わえる充実した学期にしていきたいと思います。そのためには、それぞれの子どもたちが自分の目標を持ち、それに向け努力していくことが大切です。「天才、それはあきらめないで努力できる才能だ」という言葉もあります。「継続は力なり」です。日々の授業やチャレンジ学習を積み上げていくとともに、一人一人をしっかり見つめて支援していき、より確かな学力、生活力を培っていきたいと思っています。ご家庭でも温かい励ましを宜しくお願い致します。

 8月19日、保護者の皆様に環境整備作業をしていただきました。暑い中、遊具や門扉のペンキ塗り、また剪定や草引き、運動場の整備等、本当にお疲れ様でした。皆様のご協力に心よりお礼申し上げます。お陰様で、周りがすっきりと綺麗になり、気持ちよく2学期が迎えられました。くっきりと色鮮やかになった遊具や雑草が無くなった運動場で、子どもたちは、早速、遊んだり力いっぱいかけずり回ったりしていました。本当に嬉しい限りです。これからもみんな仲良く外で遊び、元気に2学期を過ごしてほしいと思います。

 8月27日、運動会の打ち合わせ会に、各区長様をはじめ、婦人会支部長様、老人クラブ会長様、また消防分団長様、スポーツ21の代表者様、PTA役員様がお集まりくださいました。「地域参加の運動会」は、長谷小学校の素晴らしい特色の一つとなっております。保護者の皆様や地域の皆様の大きなご支援の下、小規模校ならではの温かい雰囲気の運動会が開催できますことを大変有り難く思っております。子どもたちにとって、大勢の地域の方とふれ合いが持てること、また自分たちの頑張りを大勢に見ていただけることは、「心」の成長や「やる気」につながっていきます。そして、今年は旧川上小学校と統合して初めての記念すべき運動会。いつにも増して、子どもたちがより力を発揮できますよう、また参加してくださる方にとっても思い出深きものとなりますよう願っております。
 子どもたちが大きく成長できるチャンスがいっぱいの2学期。たくましい「長谷の子」の育成をめざし、今後とも学校と家庭と地域の一層の連携を宜しくお願い致します。