子葉のはたらき

 5年生の理科ではインゲンマメを育てています。インゲンマメを観察していると、以前より子葉が小さくなって、しおれたり、取れたりしていることに気がつきました。そこで、今日は「子葉は発芽するときに、何かはたらきをしているのか」を実験で調べてみました。
P1050823
発芽する前と後の子葉をヨウ素液に浸し、子葉の色の変化を調べました。
P1050829
発芽した後の子葉は、でんぷんが少なくなっていたことから、種子の中のでんぷんは、発芽するときの養分として使われていることが分かりました。

— posted by 神崎小学校 at 03:24 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1506 sec.
prev
2018.5
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31