花から実への移り変わり

 5年生の理科では「花から実への移り変わり」の勉強をしています。観察に使ったのは、カボチャの花とアサガオの花です。まず勉強したのは、カボチャの花とアサガオの花の違いです。ピンセットや虫眼鏡などを使い、どこが同じで何が違うのかを観察しました。また次の時間には、顕微鏡を使い「花粉」を観察しました。子どもたちは花粉の形の違いや、色の違いに驚きながら、顕微鏡をのぞいていました。最後に、観察した内容をワークシートにまとめ、お互いに気づいたことを発表し合いました。

DSCN0252
雄花の様子を観察しています。
DSCN0254
カボチャの花との違いを探しています。
DSCN0258
雌花を実際にさわっています。
DSCN0259
観察して気づいたことを記録しています。
DSCN0460
顕微鏡を使い、「花粉」を観察しています。

— posted by 神崎小学校 at 03:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2186 sec.
prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31