うぐいす荘訪問

 神崎小学校では、毎年秋に、五年生が「うぐいす荘」さんに訪問させていただいています。今年は、14日(水)に行きました。子どもたちは、6つの部屋に分かれて、「エイサー」を踊ったり、リコーダーを演奏したり、自分たちで考えたゲームをしたりして、交流することができました。「ふるさと」を歌うとき、手拍子をしながら聴いてくださったり、一緒に歌ってくださったりして、和やかなひとときを過ごせました。
NONALNUM-irHotIjlkYg-E
ボランティア委員が、ボランティア推進事業で植えた花を贈呈しました。
NONALNUM-gqjjgqTjgrXjg7w-E
運動会で踊った「エイサー」を披露しました。にこにこ笑顔で見てくださり、力強い動きを決めました。
NONALNUM-g6rjgrPjg7zjg4Djg7zjgZ3jgYbvvJI-E
児童の感想を紹介します。 ○ゲームが終わった後、一回一回拍手してくださいました。「楽しかったよ。」という声もたくさん聞けて、うれしかったです。 ○「幸せなら手をたたこう」を歌うとき、おじいさんやおばあさんの笑顔を見れて、とてもうれしかったし、幸せな気分になりました。 ○ぼくは、百歳の方にプレゼントをわたしました。あく手をすると、百歳とは思えない握力でびっくりしました。ぼくの人生の大せんぱいだなと思いました。

— posted by 神崎小学校 at 01:42 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0153 sec.
prev
2018.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30