手話を学習したよ

 神崎小学校では、学年に応じた福祉体験を行っています。これまでに、4年生がアイマスク体験や高齢者疑似体験を実施してきました。今回は、3年生が地域の方をゲストティーチャーに迎え手話体験をしました。初めての体験に子どもたちは、興味を持ちながら真剣に取り組みました。手話は、耳の不自由な方のコミュニケーションの方法の一つで手の動きや顔の表情で会話をします。相手と目を合わせてできる会話と言えます。子どもたちはゲストティーチャーの細岡さんに自分の名前や簡単な言葉を教えてもらいました。早速、覚えた手話を友だち同士で練習しました。
CIMG4045
ゲストティーチャーの細岡さんです。「わたしの名前は…。」
CIMG4044
手話というのは、耳の不自由なかたのコミュニケーションの方法です。
CIMG4085
実際にやってみましょう。
CIMG4088
自分の名前の手話を教えてもらいました。
CIMG4093
テキストをみながら自分でもチャレンジしました。
CIMG4067
手話のことがいろいろわかってとってもいい学習になりました。

— posted by 神崎小学校 at 02:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1564 sec.
prev
2020.1
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31