全国学校給食週間

1月24日(金)から30日(木)は、学校給食週間でした。神河町でも、この期間を通して食べ物に感謝したり、食生活を見つめ直す一環として“生きた教材”となるよう献立を工夫されたりしています。今年も、日本の郷土料理と世界の料理が給食に出ました。期間中には、JAや町役場・ケーブルテレビの取材もありました。★神河町の給食豆知識…①1日約1100人分の給食を作っています。②給食が始まったのは、旧神崎町が昭和43年1月から、旧大河内町で始まったのが平成9年9月からです。            ③給食を運ぶ車の名前は「あじさい号」と「あやめ号」です。
DSCN5111
鳥取県…豚肉のらっきょソース・いもこん鍋
 
DSCN5115
兵庫県…鶏肉のゆず香り焼き・かぼちゃのポタージュ
DSCN5120
青森県…生姜みそおでん・せんべい汁
DSCN5131
アメリカ…ジャンバラヤ・チキンパスタスープ
DSCN5135
韓国…いわしのヤンニョムかけ・カムジャタン
DSCN5122
絹田先生から給食センターについての話
DSCN5130
ケーブルテレビの取材・放送が楽しみです。
DSCN5125
配食風景やインタビューの撮影がありました。

— posted by 神崎小学校 at 08:17 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0190 sec.
prev
2020.1
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31